インドネシアのバンクダナモン・アディラファイナンスが融資額の下方修正の可能性

バンク・ダナモンBank Danamon(BDMN)の傘下自動車ローン企業のアディラ・
フィナンスAdira Finance社は2015年度の融資目標を下方修正を検討する
としています。
インドネシアの国内経済が弱くなっているため、同社のメイン融資である
自動車販売台数も下落傾向になっているとしています。

バンクダナモンは14年度の総資産は195兆7085億ルピア、
純利益では2兆6040億ルピアでした。
同行は1956年設立の金融機関で預貯金、融資、ローン、自動車、
住宅、二輪、マイクロファイナンス、中小企業向けローンなどを
展開しています。
14年度末時点の店舗75店舗、1286店舗のサブ店舗、52のシャリア店舗・
サブ店舗となります。
旧銀行名はBank Kopra Indonesiaで1976年度に現在の行名に
変更しました。
親会社はAsia Financial(Indonesia)Pte.Ltd.となります。

インドネシア自動車業協会(Gaikindo)では15年度1月~5月の
販売台数を前年同期比マイナスの16.6%減少で、44万3181台でした。
二輪販売台数はマイナス36.5%減でした。
インドネシア国内のGDP成長率第1四半期では4.7%増で、
前年同期+5.1%から下落しています。

第1四半期のバンク・ダナモン(BDMN)の純利益は6868億ルピアで、
前年比21%減でした。
ダナモン銀行の行う融資の49%はマスマーケット層で自動車ローン、
マイクロファイナンスとなっています。