タイにおけるデジタルTV市場は今後成長市場であると共に厳しい競争環境に

タイにおけるデジタルTV市場は、今後成長市場であると共に
厳しい競争環境にさらされると予測されています。
他社との差別化、競争戦略が重要視されるとしています。
2015年度最新の同市場のニュースではThai TV Coは
2次デジタルTV入札フィーを支払うことが出来ず事業継続を
断念しました。
2014年に始まった地上デジタルテレビ放送24チャンネルのうち、
22チャンネルは第2回目のタイ国家放送局への事業権料を支払う
ことができました。

24あるデジタルTV事業者の中でも、今後もいくつかの負け組番組事業者が
出る可能性を示唆しています。
広告ターゲット、魅力的な番組制作、金融支援的なパートナーも
重要であるとしています。

ニュース番組カテゴリーでは2社が協力なコンテンツを保有し、
チャンネルChannel3社とチャンネルChannel7は合計で75%以上の
広告収入市場を締めています。
新規参入の企業には厳しい市場となります。

プレミアム、かつニッチな市場を進めているのはMONO29チャンネル、
TRUE4Uチャンネルなどでそれぞれ海外のコンテンツ、
ショッピングチャンネル、アニメ、スポーツなどを放送しています。

アナログではチャンネル7を運営し、デジタルTVではPPTVチャンネルを
放送しているBangkok Media and Broadcasting Co(未上場)では
視聴者の住み分け、セグメント化が重要であるとしチャンネル3は
バンコク首都圏をターゲットとしていて、チャンネル7は高い視聴者数を
抱えているとしています。

その他のプレイヤーとしてThairath TV、One、GMM Channel、
Mono29チャンネル、PPTVがあり、RS社経営のChannel 8、
Workpoint TVも生き残りを掛けています。