マレーシアの建設企業ファジャルバル・ビルダー・グループ、およそ1644万リンギ規模の私募債を発行

マレーシアの建設企業ファジャルバル・ビルダー・グループ
Fajarbaru Builder Group(FBCR)がおよそ1644万リンギ規模の
私募債を発行。
第三者の投資家への発行を提案しています。
調達した資金で運転資金、事業の拡張を進めます。

ファジャバル・ビルダーグループはマレーシア証券取引所(BURSA)に
上場する建設企業で、マレーシア、オーストラリアなどで展開。
レディミックスコンクリート、建材の貿易、不動産開発を手掛けます。
1976年設立で本社はペタリンジャヤ・セランゴール州になります。

同じくマレーシアのゼネコン企業であるIJM Corpでは
2016年度3月締めまでにジョホールでの大型建設事業を受注しています。
およそ4億8420万リンギで利益が確保出来たとしています。

この他にEquatorialホテル建設の受注75億リンギ、MRT2, LRT3,
Pan Borneoなどのインフラ建設などでの受注もあるとしています。