タイの石油開発最大手、PTTエクスプロレーション、アルジェリアでの原油採掘に成功

タイの石油開発最大手PTTエクスプロレーションPTT Exploration and 
Production(PTTEP)がアフリカのアルジェリア国内のHassi Bir Rekaiz
プロジェクトにおいて採掘での成功を報告し、地下4,037メートルでの
原油開発を進めると発表しました。
6,152バレル/日産(bpd)で随伴ガスは650万立方フィート/日産を算出します。

PTTEP社では今回のプロジェクトの権益を24.5%保有しています。
その他の合弁組織としてはSonatrach(アルジェリアの国営石油・ガス会社)
が51%を中国の石油開発企業であるCNOOCが24.5%を保有しています。

PTTEP社はタイ国営石油(PTT)の子会社で、アフリカ、中東、東南アジア、
その他の地域11か国で石油・天然ガスの開発を進めています。

2015年度の業績は売上1935億7800万バーツ、純利益―315億9000万バーツと
なっています。
売上量は増加したものの、純利益は赤字に転落しました。