タイのIT販売チェーンのコムセブン社が中古PC市場へ参入

タイのIT系製品小売チェーンのCom7社はチェーンブランドのBananaIT
などを展開していますが、この度パソコン販売、アクセサリー販売の
RT Global Group社と提携してコンピューターの中古市場に参入する
としています。
(http://www.rt-computer.com/)

新会社名はBanana Sureバナナ シュアー社とし、
資本金6000万バーツの比率はCom7社が51%でRT Global社が
49%になります。

タイ国民の60%は自分のPCを保有してないとされており、
低収入の地方在住者層を市場ターゲットとして狙うとしています。

RT Global社はThanawat Sae-Chiang氏が保有する企業で中古PCの
輸出入における経験が長く、3年~4年利用済みのPCを4000バーツ以下で
販売していく計画です。
多くのPCは日本から調達するとしています。

現在タイのパソコン市場はデスクトップ型、ノート型ともに10,000~
70,000バーツ台が主流で、そのうちおよそ60%を10,000~
15,000バーツ台のPCが占めています。
今後さらに近隣のカンボジア、ラオス、ミャンマー、ベトナムなど
にも注力します。

Banana Sure社では今後さらに中古モバイルにも参入を
検討しています。
2016年度はおよそ3億バーツの売上を見込んでいます。
また、Com7社自身でオンラインの販売サイト、Bananastore.comを
開業予定です。