インドネシア エルヌサ(ELSA)

石油開発、天然ガス開発のインドネシア上場企業のPTエルヌサPT Elnusa(ELSA)
が総額でRp2.8兆ルピア (US$2億8800万ドル)の2013年度の契約を交わしたと
発表しています。
Elnusa社の企業秘書Fajriyah Usman 氏はおよそRp 8000億ルピア(80億円規模)
の契約を新しく交わしたとしています。

この上記の契約によって2013年度の売上は5.3兆ルピアになることが
予想されています。
2012年度の売上4.8兆ルピアの+10%になります。
まだ正式な2012年度の業績を発表していませんが純利益は1270億ルピアとなる
見通しです。
2013年の業績見通しでの純利益は1380億ルピアを目指します。

エルヌサ社の石油開発、天然ガス開発の上流工程での事業が
売上の大半となっていて、今後もその流れが継続するとしています。

同社ではその売上を補完するビジネスとして海運事業と
海上大型機器メンテナンス事業を進めていく計画です。そのための投資におよそ
5年間でおよそ4億ドルを必要とし、必要資金は内部留保と銀行からの借り入れ、
社債発行でまかなうとしています。

Elnusa社は株式の41.1%がPT Pertamina国営プルタミナ社です。
24.6%が上場企業のPT Benakat Petroleum Energy社が保有。5.25%をBSI
BankLimitedが保有しています。