1. HOME
  2. ブログ
  3. インドネシア
  4. インドモービルは4兆ルピアのシンジケートローンを調達【インドネシア:自動車製造】

ASEAN最新動向

Latest trends in ASEAN

インドモービルは4兆ルピアのシンジケートローンを調達【インドネシア:自動車製造】

インドネシア華人系財閥サリム・グループ系列の
自動車大手インドモービル・グループは、インドネシア・
ジャカルタに本拠を置く自動車・オートバイの製造・販売を
行う企業です。

1976年にP.T.インドヒーロー社とP.T.インドモービルの
合併により設立されました。
主なブランドとして、日産、スズキ、日野、
フォルクスワーゲン、アウディなどを扱っています。

同グループとしてインドネシア証券取引所(IDX)に
上場するのはインドモービル・スクセス・
インターナショナル(IMAS)社があります。
2018年業績は売上17兆5447億ルピア、
純利益987億ルピアでした。

同社は2019年7月、傘下の自動車・重機金融会社
インドモービル・ファイナンス・インドネシアを通じて、
日系銀行を含む内外の金融機関17社から成るシンジケート
ローンで総額4兆ルピア(2.9億USドル)の融資を獲得したと
発表しました。

シンジケートグループにはインドネシアや日本、シンガポール、
オーストラリア、台湾、中国などの6か国の銀行などが
参加しました。

今回調達した資金用途は信用事業の拡大に活用すると
しています。
主幹事は、インドネシア年金貯蓄銀行(BTPN)と三井住友銀行、
オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ銀行)、
CTBC銀行、DBS銀行、OCBC銀行、UOB銀行、台北富邦銀行の
計8行でした。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事