タイ二部市場(MAI)の金融分野セクターは7社

タイ証券取引所二部市場(MAI)の金融分野セクターでは、消費者金融系
などが多くなっています。

・ACAPアドバイザリー(ACAP):債権回収、財務アドバイスを手掛ける。

・アイラ・ファクタリングAIRA FACTORING(AF):ファクタリングなど
を手掛ける。

・アイラ・キャピタル(AIRA):金融・投資の会社で、証券仲介、
デリバティブ、投資事業をタイ国内で展開。
2014年にタイ証券取引所2部市場へ上場。
2014年9月、日本の消費者金融大手アイフルAiful社と合弁で
消費者金融事業を開始することを発表。
個人向け無担保融資サービスを提供する「エー・マネー」を2015年9月から開始。
アイラ・ファクタリングAIRA FACTORING(AF)社は
ファクタリングなどを手掛ける子会社で、
そのほかAira Securities(証券)、Aira International Advisory(Singapore)
国際業務などの子会社を保有している。

・ザ・ブローカー・グループ(BROOK):財務コンサルティング・分析。

・Gキャピタル(GCAP):農機ローンを扱い、タイの農村へ拡大している。

・リースIT:(LIT)リース事業を展開。

・2016年には5月にASN Broker(ASN)社が新規上場しています。
保険ブローカーを扱う会社で、自動車保険を中心にコールセンターが保険の
説明と勧誘を行います。