タイ証券取引所二部上場のチョータヴィー社、概要

タイ証券取引所二部上場企業であるチョータヴィーCho Thavee
(CHO)社は2013年5月新規上場。
トラック・トレイラーのボディ製造企業、空港のコンテナー
輸送事業も行います。
(http://www.ctvdoll.co.th/en/)
同社は1994年設立、タイの資本Khon Kaen Cho Thavee
(1993)Co社とドイツ資本Doll Fahrzeugbau AG社の合弁です。

3つの事業の柱が有り、トラック・トレイラーボディ製造、
軍関係の特別仕様車、空港コンテナー輸送のクルマ製造などを
手掛けています。
代表のSuradech Taweesaengsakulthai氏はCTV-Doll社は
インフラプロジェクト次第で今後大きく成長する事業であると
しています。

チョータヴィー(CHO)社は今後の高速鉄道事業、
国鉄複線化プロジェクトでの乗客用車両、輸送用車両での製造引き受け
にも関心があり、入札案件にも関心を示しています。

2015年度業績は売上11億4300万バーツ、純利益で3574万バーツでした。
旧社名はCho Thavee Dollasien Public(CHO)でした。

高速道路プロジェクトはドイツ・シーメンス社も関心が高く、
アジアではマレーシア、台湾、インド、中国などにも鉄道関連
プロジェクトで実績があります。
シーメンス社の鉄道レール部門の売上は35億ユーロでアジア域内は
20%の売上比率です。