タイの独立発電企業、ラチャブリ・エレクトリシティがオーストラリアで太陽光発電

タイの独立発電企業のラチャブリ・エレクトリシティ
Ratchaburi Electricity Generating Holding(RATCH)が
オーストラリアで太陽光発電プロジェクトを開始したと
発表しています。
42MW規模の発電能力でラチャ・オーストラリアコーポレーション
Ratch-Australia Corporation社が80%を出資します。
950万オーストラリアドルの投資額のうち一部はオーストラリア
政府機関が補助し、投資額を抑えることに成功しました。

ラチャブリ・エレクトリシティ社は積極的に海外展開と
タイ国内での他業種進出を開始していて、16年8月には鉄道車両と
電気自動車の製造事業にも参入する計画を打ち出しています。
同社の2016年度の上半期業績は売上273億9800万バーツ、
純利益23億6000万バーツでした。

ラチャ・オーストラリアコーポレーション社は6つの発電所を運営中。
3つの風力発電で54MW、3つの天然ガス火力発電所で455MWを
展開しています。
2018年度までにさらに144MWの風力発電所を展開予定です。