タイ証券取引所上場の大手工業団地開発企業―②WHAコーポレーション

タイの工業団地運営を手掛けるWHAコーポレーション(WHA)は、
2015年にタイ東部で展開するヘマラートランド・デベロップメント
Hemaraj Land and Development(HEMRAJ)の株式を購入しました。

へマラート創業者一族であるホールンルアン家の保有株を含めて
全株式を対象に株式公開買い付けを行い92%を取得しました。
買収額は総額90億バーツ。
へマラートのタイ証券取引所上場は廃止しました。

WHA社はさらなる収益向上としてデジタルハブ構想を掲げています。
イースタンシーボード工業団地などを運営するヘマラートランド・
デベロップメント(HEMRAJ)を軸にして事業多角化を進めてきました。

同社は工業団地販売シェアではトップとなり、8つの工業団地と
4つの新規工業団地造成を進めています。
4つの事業ハブを起こしていく中で工業団地・物流・ユーティリティ・
さらにデジタルハブに事業参画します。

2015年度業績は売上131億バーツ、純利益19億バーツでした。
売上内訳の75%が工業不動産販売、物流・倉庫で25%が
ユーティリティやデジタル部門となっています。