インドネシア上場の金融事業企業、BFIファイナンス、1兆ルピア規模の登録社債の発行を計画

インドネシア証券取引所(IDX)の上場企業で金融事業を展開する
BFIファイナンスBFI Finance(BFINC)では、1兆ルピア規模の
登録社債の発行を計画しています。
3年・5年をそれぞれ準備し、利回りは1年で8~8.75%を計画、
3年で8.75%~9.50%、5年で9.0%~9.9%としています。

インドネシア国内の弱い経済環境の中で同社は二桁成長を
維持しています。
2015年度業績は売上21%増の2兆7400億ルピア、純利益8%増の
6502億ルピアとなっています。
2016年度第2四半期の業績は売上7766億ルピア、純利益1804億ルピア、
総資産は11兆7704億ルピアでした。5年間で+22%増加しています。

総融資の割合のうち、自動車ローン金融は81%を占めています。
続いて重機ローン11%、オートバイ6%、不動産ローン2%と
続いています。

BFIファイナンス(BFINC)社は消費者向け金融、自動車ローンサービス、
重機リース、オートバイリースなどを手掛け、ジャカルタ、ブカシ、
メダンなど主要都市で展開しています。