カンボジアの観光旅行者数を年間500万人へ目標設定

2016年1月~9月期のカンボジアの観光旅行者数は370万人、
前年比+5%になっています。
年間目標は500万人で、カンボジア人の雇用60万人を生み出すと
しています。
カンボジア政府では観光旅行産業をさらに成長させるべく、
カンボジア国家観光連盟National Tourism Federation of
Cambodiaを設立しています。
2020年度までに年間750万人の観光旅行者を目指していきます。

直行便航空でのカンボジアへの観光が増えていて、1~9月期で
53,000便が運航されました。
主にベトナム、韓国、中国、ラオス、タイなどからの観光旅行者が
多くを占めています。

ベトナム、ラオス、タイからは運賃の安い長距離バスが各都市を
直通運行していることもあり、各国の中間層~低所得者層が
来やすい環境となっています。

外国人観光客数の増加と共にカンボジアの観光収入も増加しており、
同国のGDPにおける観光収入割合は10%を超える高い比率と
なっています。