カンボジアの不動産市場をCBREタイが分析

不動産コンサルタント、CBREタイでは、カンボジアの首都である
プノンペンの住宅不動産は年+8%リターンで、ASEANの中で
最も高いリターンを得ているとコメントしています。
物件販売価格は比較的低いままですが、家賃が高いとしています。

プノンペン不動産のレンタル需要は、多国籍企業の駐在員によって
牽引されていて、住宅賃料は企業向けに設定されているため、
平方メートルあたりの家賃が700~1000バーツ程。
プノンペン市内の供給数は5,500戸数しかなく、アパートメントタイプ
利用率は80-90%です。

サービスアパートメントの1ベッドルーム家賃は月額
約40,000~50,000バーツ、バンコク都内の同レベル物件とほぼ同じに
なっています。

販売価格は1平米110,000バーツで、2016年時点のバンコクの同等物件の
200,000~300,000バーツよりも低い金額になっています。
これは建築前の不動産土地価格がまだ低いことが主な理由の一つで、
建材・建築コストはタイからの輸入が多いため同レベルであると
しています。

現在カンボジアへ投資する海外の投資家は台湾、中国、韓国、シンガポール、
日本などからの購入が多いとしています。