タイの外食・ホテル大手、マイナー・インターナショナル社はスリランカ、オマーンへ進出

外食・ホテル大手のマイナー・インターナショナル
Minor International(MINT)では新規に3つのアナンタラ
Anantaraブランドホテルをスリランカとオマーンで開業します。
アナンタラ・ブランドは同社の高級ホテルブランドで、国内・
海外でのさらなる拡大の一歩としています。

スリランカではAnantara Kalutara Resortを開業、
不動産はMinor Hotelsが所有しています。
首都のコロンボに立地していて141室を用意します。

オマーンではAnantara Al Jabal Al Akhdar Resortを開業。
5つ星ホテルでスルタンの伝説的なリゾート風に仕上げています。
115室のホテルルームで豪華なホテルイメージを伝えます。

マイナーグループは2015年にもAl Baleed Resort Salalah by
Anantaraを開業していて、中東での展開を加速しています。
今回の開業によってマイナー・インターナショナル(MINT)では
アナンタラブランドで38のホテルを展開するまでになりました。

今後の新規5か年計画では、同社は傘下のホテルを2015年時点の
138から210に拡大、外食チェーンレストランも1851店から3100店
まで増やす方針を発表しています。
2015年度の業績は売上481億バーツ、純利益70億バーツでした。