インドネシアの高速道路運営、ジャサ・マルガは東ジャワ高速道路建設プロジェクトで融資を受ける

高速道路を運営する国営ジャサ・マルガJasa Marga(JASA)では
インドネシア国営銀行から東ジャワ高速道路建設プロジェクトの
不動産取得投資として1兆3500億ルピアの融資を受ける計画です。
同社ではPandaan-Malang高速道路建設プロジェクト(およそ37.6Km)
を建設するため、不動産取得を進めています。

バンク・ネガラインドネシア(BBNI)を中心として4000億ルピアを調達し、
残りはバンクセントラルアジア(BBCA)などから調達します。
また、インドネシア政府のインフラ金融機関Sarana Multi Infrastruktur
からも融資を受けます。

ジャサ・マルガはインドネシア国内で高速道路建設プロジェクト、
高速道路運営を手掛けています。
建設事業の計画、開発、維持メンテナンス、運営管理、サービス提供まで
手掛け、各高速道路のサービスエリア、ガソリンスタンド、広告管理まで
幅広く行います。

ジャサ・マルガ社は1978年に設立され本社はジャカルタにあります。
2007年からはジャカルタ証券市場にIPOを実施し、株式の70%は
インドネシア政府が保有している国有企業です。
2015年度業績は売上9兆8482億ルピア、純利益1兆4663億ルピアでした。