1. HOME
  2. ブログ
  3. タイ
  4. タイ最大の上場企業、タイ国営石油が新規子会社の小売部門新設案

ASEAN最新動向

Latest trends in ASEAN

タイ

タイ最大の上場企業、タイ国営石油が新規子会社の小売部門新設案

タイ最大の上場企業であるタイ国営石油(PTT)では、
6番目の子会社の石油小売部門を管理統括する企業を
新設します。
小売部門担当の新会社を設立し、PTT Oil Retail 
Business社を”PTTOR”として、各子会社が自社内で
管理してきた小売部門をまとめてしまう計画です。

PTT石油開発(PTTEP)、PTTグローバルケミカル(PTTGC)、
タイオイル(TOP)、IRPC(IRPC)、Global Power Synergy Co
(GPSC)などに続いて主力事業に育てていくとしています。
また海外に向けての石油小売り事業の強化を進めます。
ラオス、カンボジア、フィリピンにはすでにガソリンスタンド
事業が進出済みですが、さらに海外展開を広げていきます。

新設するPTTOR社はLPGガス、ガソリン、航空燃料、潤滑油などの
販売をタイ国内、海外向けに展開を進めます。
またガソリン物流、供給、自動車メンテナンス”Fit Auto”や、
カフェ小売事業”Cafe Amazon”などの拡大を進めます。

タイ国営石油PTTの2016年1月~9月期業績は
売上1兆2589億バーツ、純利益755億2200万バーツとなっています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事