タイのLCC格安航空会社はさらにタイ国内でのシェア上昇

タイのローコストキャリア格安航空会社は、タイ国内でのシェア売上を
さらに伸ばしています。
2016年1月~9月期における6つの主要国際空港でのタイ国内総旅客者数
(9100万人)のLCC利用比率は44.5%まで増加しています。

タイの主要空港を管理するエアポートオブタイランド(AOT)では
2015年同期比+20%増で4050万人とさらに増加としています。
レガシーエアラインよりも安い価格のオファー、プロモーション、
さらに近距離便数の多さ、地方都市ネットワークの多さなどが
差別化要因になっています。
LCCにおける国際便利用者数も34.6%増加していて、1月~9月期
1450万人になっています。

エアポートオブタイランド(AOT)の管轄する空港でのLCC発着便数も
増加していて、前年比12.8%増、26万回数になっています。
国内線で17万便、国際線で9万便となっています。

ローコストキャリアの主な発着便はエアアジアやノックエアーなどが
ドンムアン国際空港にあることから、利用客数上位の空港は
ドンムアン空港で2430万人、プーケット空港で475万人、
チェンマイ空港で430万人、スワンナプーム国際空港で354万人と
なっています。