1. HOME
  2. ブログ
  3. タイ
  4. イタリアンタイ傘下のオニキス・ホスピタリティ・グループはパタヤでホテル開発

ASEAN最新動向

Latest trends in ASEAN

イタリアンタイ傘下のオニキス・ホスピタリティ・グループはパタヤでホテル開発

イタリアンタイ・インダストリアルグループ傘下でホテル運営を
行うオニキス・ホスピタリティ・グループONYX Hospitality 
Groupは、タイ東南部パタヤの不動産に1億USドル投資し”OZOホテル”
(406室)を開設予定です。

同社では北パタヤの象徴的なホテルを再開発するため
過去にGarden Wing of Amari Pattayaがあった場所に
Amariの新しいプレミアムオールスイートホテルを建設します。
加えて20階建てアマリパタヤ・オーシャンタワーと周辺施設の
大規模改装を行います。

ノース・パタヤの新ランドマークとして2019年初頭に
完成予定です。
最終的には3つのホテル(752室)となり、最先端のボールルーム、
幅広いレクリエーション施設とレストラン、プールエリア、
庭園などが完成します。

大型ショッピングモールのTerminal21パタヤにも近接しており、
アマリパタヤ45周年目を迎えるにあたり同プロジェクトは
アマリブランドのフラッグシップ宿泊施設となる予定です。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事