インド資本のタイ上場企業、インドラマ・ベンチャーズは海外2社を買収

インド資本系タイ上場企業のインドラマ・ベンチャーズ
Indorama Ventures(IVL)社は、石油化学の大手です。
同社は2017年8月にメキシコとフランスのタイヤコード
メーカーを買収する方針を発表しています。

1社はメキシコ企業DuraFiber Technologies社で
耐久性の高い繊維、PET製品、PET HMLS, PET HDIなどを
製造・販売しています。
フランスではDuraFiber Longlaville社を買収予定と
しています。
両社は高付加価値の自動車部品向けセグメントで強みがあり、
インドラマ・ベンチャーズ(IVL)社にとって相乗効果の高い
買収になるとしています。

インドラマ・ベンチャーズ(IVL)社はプラスチック・ボトルの
製造に使われるポリエチレンテレフタレートPET樹脂の世界最大の
メーカーです。
飲料容器、食品パッケージなどで利用されます。
ポリエステル商品の原材料になるPurified terephthalic acid
(PTA)なども生産します。

近年、積極的なM&Aを繰り返すことでタイ国内からアジアへ展開、
ヨーロッパ、アメリカなどへも次々と進出していきました。
代表者はインド人のAloke Lohia氏です。

子会社にはIndorama Petrochem社、Indorama Holdings社、
TPT Petrochemicals社、Indorama Polymers社、
Indorama Polyester Industries社、
Indorama Ventures Global Services社、IVL Belgium N.V.、
Indo Polymers Mauritius社など多数あります。
2016年度業績は売上前年比8%増、2546億バーツ、
純利益145%増、162億バーツでした。