タイ国内携帯電話キャリア1位のAISはシングテルとeスポーツで提携【タイ:IT・通信】

タイ国内携帯電話キャリア1位のアドバンスド・インフォサービス
(ADVANC)はゲーム競技大会e-sportsの分野へ参入します。

タイ国内ゲーム愛好家・ゲーマーの競争力を強化しより多くの
顧客をネットワークにつなぐため、シンガポールテレコムと
提携してeスポーツへの参入を進めます。
また、eスポーツ促進のめに他業界関係者ともパートナーシップを
結びたいと考えています。

アドバンスド・インフォサービス(ADVANC)社(AIS)が保有する
モバイルインターネットと固定ブロードバンド回線の両方で
強力なインフラストラクチャネットワークを通じ、
あらゆる種類のデジタルプラットフォームを提供し、
eスポーツを推進していくとしています。

タイ国内のe-Sportsコミュニティは3000万の視聴者がいると
されています。
市場規模としては、モバイルとPC両方でのゲーム産業は
年間30~40%成長し、2018年内では200億バーツに達すると
予測されています。

同産業は東南アジア全体でも成長すると予測されており、
2018年8月にジャカルタで開催される2018 Asian Gamesでは、
デモスポーツとして大規模イベントを開催予定です。

SingTel Groupでは東南アジアでeスポーツのエコシステムと
コミュニティを成長させるために、オーストラリアのOptus、
インドのAirtel、タイのAIS、フィリピンのGlobe Telecom、
インドネシアのTelkomselと協力し、PVP E-Sports選手権を
2018年7月~10月に開催します。

アドバンスド・インフォサービス(ADVANC)の2018年第1四半期業績
は売上412億4100万バーツ、純利益80億3700万バーツでした。