バンコク首都圏ではコンドミニアムから一戸建て市場へ移行【タイ:不動産】

バンコク首都圏の各不動産開発者は、コンドミニアム市場での
中低価格帯住宅ローン申請に対する高い拒否率や高価格帯住宅
供給の低下などにより、高級一戸建て住宅やタウンハウスに
移行し始めています。

タイの証券会社、アジアプラス証券によると、タイ証券取引所の
不動産開発大手16社の低層住宅総額は2015年~2016年で
落ち込みましたが、2018年は2460億バーツ大きく上昇する
見通しです。
2017年は1400億バーツ、2016年は1280億バーツ、
2015年は1420億バーツでした。

新しく建設されたコンドミニアムの合計価格は、
2018年では前年比11%増の2190億バーツとなる見通しです。

タイ国内金融機関・住宅開発企業では、2018年第3四半期以降に
始まる国内金利上昇により住宅ローンを利用することが魅力的では
なくなるため、借入金でコンドミニアムを購入しようとする
バイヤーに影響を与えるとしています。

2018年以降の高級一戸建て市場動向は、バンコク中心部から離れた
郊外地域へシフトしていると分析されています。

2018年後半には少なくとも五つの新しい高級一戸建てプロジェクト
(合計50億バーツ規模)が発表予定です。

そのうち一つはクルンテープクリター地区でメジャーデベロップメント
(MJD)社と非上場企業、クーン・エステイトKoon Estate社により
開発されています。

シンハー・エステイト(S)はカセートナワミン地区で開発中です。
チャーン・イッサラー・デベロップメント(CI)ではバンナー地区、
ラマ9世地区で高級一戸建てを開発する予定です。