フィリピンのゴコンウェイ財閥の持株会社、JGサミット・ホールディングス【フィリピン:コングロマリット】

フィリピンのゴコンウェイ財閥の持株会社である
JGサミット・ホールディングス社(JGS)はフィリピン
最大級のコングロマリットの一つです。

航空交通、銀行、食品、ホテル、石油化学、発電、出版、
不動産、不動産開発、電気通信などさまざまな業種に
展開しています。
会長は東南アジアでも有数の富豪で、フィリピン華人の
ジョン・ゴコンウェイ氏です。

同社傘下には以下のような大手企業があります。
ユニバーサル・ロビーナ(URC)
ロビンソンズ・ランド(RLC)
セブパシフィック航空(CEB)
ユナイテッド・インダストリアル(シンガポールに拠点を置く)
ロビンソンズ・リテール・ホールディングス
ロビンソンズ銀行
JG・サミット石油化学
フィリピン長距離電話(PLDT)
マニラ・エレクトリック(MELALCO)メラルコ

売上の約半数は食品・農業関連、25%が航空、10%が不動産、
12%が石油化学です。
2017年度業績は売上2734億4500万ペソ(前年比13.7%増)、
純利益293億5800万ペソ(270%増)でした。

同社では2018年に積極的な投資を進めるとしています。
航空、不動産、石油化学等の事業拡大のため、
資本支出を781億ペソに引き上げると発表しています。
この金額は2017年投資額435億ペソと比較し、
79%増となります。