タイのサイアム・マクロはインドのニューデリーで新店舗開業【タイ・インド:小売】

CPグループ傘下のタイの卸売りチェーンであるサイアム・マクロ
(MAKRO)ではインドに初進出したことを発表しています。

2017年に新子会社、CP Wholesale India Private Limitedを
設立し、ニューデリーにて新店舗を開業しました。
インド国内ではLOTS Wholesale Solutionsとして今後5年間で
LOTSストア卸売店を15店舗まで増やすとしています。

B2B卸売、LOTSホールセール・ソリューションズの第一号店は
Netaji Subhash Place(ニューデリー)をオープンしました。

地下鉄駅の下に広がる50,000平方フィートのエリアでは、
生鮮食品、魚・肉製品、食器類、家電製品、家庭用装飾品、
家具、寝具、事務用品などを含む6,000種以上の商品を
揃えました。

同店舗はサイアム・マクロを所有するチャロン・
ポカパングループ(CP Group)により開発・建設されました。

今後、CPグループによるインドへの投資が続くことで、
タイとインドの経済協力強化の流れが促進されると
見られています。
2018年時点では約28社のタイ大手企業がインドに進出しており、
3億6000万USドルを投じているとしています。

タイ国内のサイアム・マクロ(MAKRO)では2017年業績が
売上1867億5400万バーツ、純利益61億7800万バーツでした。
2018年上半期業績は売上947億1400万バーツ、
純利益27億4000万バーツでした。

タイ各地のLOTS126店舗では食料雑貨店、ホテル、レストラン、
外食業者などの顧客にサービスを提供しています。
また、同社は地元の農家や製造業者もサポートしています。