タイ 東洋タイコーポレーション(TTCL)

東洋エンジニアリングは、インドネシアのエンジニアリング大手
インティ・カルヤ・プルサダ・テクニック(IKPT)の株式47%を取得したと発表
しています。
これによりアジアの子会社は、韓国、中国、マレーシア、インドに次ぐ5カ国目
になっています。
インドネシアでは肥料プラントの設計・調達・建設(EPC)プロジェクトを中心に、
インドネシア国内外で事業を展開する計画です。

インティカルヤプルサダ社は1982年の設立で資本金は55億ルピア(5500万円規模)
で石油・ガス、石油化学・化学、インフラ分野などのEPCを手掛けています。

またタイのゼネコンイタリアンタイ・デベロップメント(ITD)との合弁企業
TOYO-THAI CORPORATION(TTC)では2011年度第3四半期までの業績は売上
53億0700万バーツ 純利益で2億5800万バーツで増収増益の見込みになっています。