タイのマンダリン・オリエンタル・ホテルと、マンダリンホテル【タイ:不動産ホテル】

マンダリン・オリエンタル・ホテルグループは、香港に
ヘッドオフィスを置くジャーディン・マセソン・
グループの一つです。

タイ国内のチャオプラヤー川沿いにてマンダリン・
オリエンタル・ホテルを運営しています。
同社は上場会社名をOHTL Public Company Limited(OHTL)へ
変更しています。
筆頭株主はMandarin Oriental holdings BVで42.3%を
保有しています。

マンダリン・オリエンタル・ホテルグループは、
世界で最も豪華なホテル、リゾート、住宅不動産のオーナー
およびオペレーターです。
アジアのホテルブランドからグローバルブランドに成長した現在、
同グループは21の国と地域に31ホテルと7つの住宅不動産を
運営しています。
2017年業績は売上21億2900万バーツ、
純利益2億1600万バーツでした。

マンダリンホテルThe Mandarin Hotel(MANRIN)は、
タイ首都バンコクのバンラック区にある高級ホテルです。
名前が似ていますがマンダリン・オリエンタルホテルグループとは
無関係です。

マンダリンホテルは1965年開業で2013年に改装されました。
地下鉄MRTサムヤーン駅の近くにあり、客室数375、
デラックスルームの広さは約30平米、4室あるグランドスイート
は約55平米です。
2012年2月より全館改装工事のため休業され、2013年10月に
再オープンしました。
2017年業績は売上3億2800万バーツ、純利益1800万バーツでした。
(http://www.mandarin-bkk.com/)