マンダリン・オリエンタル・ホテルグループがプーケットでホテル開業【タイ:不動産ホテル】

香港の高級ホテル大手、マンダリン・オリエンタル・
ホテルグループは、タイ不動産開発グランド・ラーン・
ルアン社とホテル運営受託契約を締結したことを
発表しました。

2022年にタイ南部プーケット県に新しい高級リゾートホテル
「マンダリン・オリエンタル・プーケット」を開業します。

同ホテルはタイ有数の観光地であるプーケット島西海岸
スリンビーチの間、「Millionaire’s Mile」にある
未開発ビーチフロントエリアに建設予定です。

プーケット空港からは車で約30分の距離、部屋数105、
ホテル施設内にはオーシャンフロントのレストランとバー、
フィットネスセンター、屋外スイミングプール、キッズクラブ、
屋外レジャー施設などがあります。
プロジェクトオーナーはGrand Larn Luang社です。

また、他の大手国際ホテルブランドもプーケットでの展開を
発表しています。

2018年5月にはインターコンチネンタルホテルズグループと
タイの不動産会社、Ratanakorn Asset社が2027年にタイで
新しい不動産開発を行う契約を締結しました。
Holiday Inn Resort Khao Cape Pakarang
(プーケット国際空港近く)、Holiday Inn Express
(カタビーチ近く)などが建設予定です。

2018年9月にはラディソン・ホテル・グループが島の都心部、
プーケットタウンに高級ブランドのPark Inn by Radissonの
新ホテルをオープンすると発表しています。