アスコット・リミテッドはインドネシアホテルに出資【シンガポール・インドネシア:不動産ホテル】

シンガポールの大手不動産開発、キャピタランドの完全子会社である
アスコット・リミテッド(未上場)は、グリーンオーク・ホテル・
マネジメント社の株式70%を約2600万USドルで購入すると
発表しています。

アスコット社は急成長中するアジアのビジネスホテル部門に進出・
拡大を進めます。

グリーンオーク・ホテル・マネジメント社はインドネシア国内で
TAUZIAブランドを展開しており、国内トップ5ホテル事業者の1つです。

TAUZIAホテルポートフォリオの大半は、インドネシア国内にあり、
60%近くがジャカルタ、バリ、バンドン、スラバヤ、
ジョグジャカルタなどの主要都市に位置しています。

同ホテル顧客の約70%はビジネス目的やコンベンション目的、
30%はレジャー旅行者となっています。

今回の投資で、アスコットはインドネシア、マレーシア、
ベトナム各国で122のホテル・2万部屋数を保有することになります。
その半数は開発中ですが、これによりアスコット・グループの
ホテルポートフォリオは全世界で94,000部屋数以上に上ります。

アスコットはシンガポールに本社を置くサービスアパートメント
開発企業です。
30か国160都市で展開し、サービスアパートメント55,000室数、
ホテル39,000室数、合計94,000室数、630棟数を展開・
保有しています。

主なブランドとしてアスコット、シタディーン、サマーセット、
クエスト、ザ・クレストコレクション、リフなどがあります。