化粧品などの製造輸入販売、OCC社が通販事業へ出資【タイ:消費材】

消費財大手、サハ・グループ傘下で化粧品などを製造・輸入販売する
OCC(OCC)は、2018年10月にテレビショッピング「ショップチャンネル」
を運営するショップ・グローバル(タイランド)Shop Global
(Thailand)へ6.4%を出資すると発表しました。

株式売却側はICCインターナショナル(ICC)で、
OCC側はテレビやオンラインでの通信販売事業を強化する
狙いであるとしています。

ショップ・グローバル(タイランド)社は日系企業と
サハ・グループの合弁事業です。
日系側はShop Channel Global Co., Ltd. 42.86%、
Sumitomo Corporation Thailand Co., Ltd. 14.28%という
株式構成です。

同社は2013年に住友商事グループ会社のジュピターショップ
チャンネル社と共同し、タイにおいてICCインターナショナル
(ICC)およびCentral Department Store社とテレビ通販会社、
SHOP Global (Thailand)社を設立しました。

日本・タイ・世界各国の魅力的な商品を紹介する
テレビ通販番組を24時間・年間通してタイ国内放映してきました。

OCC(OCC)はサハ・グループの子会社で化粧品などを
製造・輸入販売しています。
1973年設立当初の社名はO’Reilly Covers Center社で、
短縮化してOCCとなりました。
主に百貨店・美容院などを流通経路としています。
2017年業績は売上13億5900万バーツ、
純利益6300万バーツでした。