インドネシアの自動車販売台数に関して【インドネシア:自動車販売市場】

インドネシアはアセアン地域最大の自動車市場であり、
2017年度の販売台数は約106万台となりました。
同年2位となったのはタイ(約87万台)でした。

アセアン地域では長らくタイが自動車販売台数1位を
維持していましたが、インドネシアの人口増に押されての
2位となりました。

インドネシアは2018年の新車販売台数も増加し、
前年比4.6%増の112万5,000台に成長する見通しです。

タイの2018年新車販売台数は前年比7.6%増の91万5,000台に
成長見込みです。
また、マレーシアでは前年比2.0%増の60万1,000台に微増の
見通しです。

過去のインドネシア国内自動車販売台数に目を向けると、
2013年に過去最高の123万台を記録した後、世界的な国際商品
市況下落に伴う国内景気減速などの影響でやや低迷しています。

・インドネシアの自動車関連大手企業
アストラ・インターナショナル(ASII):自動車製造最大手、複合企業
(トヨタ・ダイハツ)
アストラ・オートパーツ(AUTO):自動車部品メーカー(トヨタ・ダイハツ)
インドモービル・スクセス・インターナショナル(IMAS):自動車部品、
組み立て(日産・日野・マツダ)