バンコク銀行はタイ金融機関で唯一ブロックチェーン技術を導入【タイ:金融サービス・IT】

バンコク銀行(BBL)ではタイの金融機関で唯一、
R3コンソーシアムのVoltronプロジェクトに参加し、
金融取引効率を高めるためにブロックチェーン技術を用いて
クレジット(L/C)サービスを開発する事を目指しています。

R3コンソーシアムはアメリカのR3社が主催する金融システム向け
ブロックチェーンデータベースの研究開発を行う団体で、
世界の金融機関70社以上が参加しています。

VoltronプロジェクトはR3社のCordaと呼ばれる分散型台帳技術
(DLT)を用いたL/Cサービスのことです。
輸出者が支払を受けるまで輸入者業者からのL/C発行要請を行い、
取引時間を短縮し金融取引効率を向上させるのが目的です。
将来的にビジネス顧客は自社業務プロセスを大幅に削減し、
貿易パートナーや銀行との取引をより容易に行えるように
なると予想しています。

バンコク銀行(BBL)ではR3とその他のパートナーと共に、
2018年10月末にオーストラリアでVoltronプロジェクトを
開始しました。
ブロックチェーン・テクノロジーを用いた国際貿易システムに
おける金融サービスは、国際貿易プロセス全体に革命を起こし、
銀行と国際取引顧客へ一歩前進を促すとしています。

バンコク銀行(BBL)はタイ最大の資産規模を誇る金融機関です。
2018年3月時点の総資産は3兆870億バーツ、
2017年末時点では3兆763億バーツでした。
2018年1月~9月期の純利益は272億バーツでした。