ウティサック美容クリニックは売上増を目指す【タイ:小売・美容】

美容クリニック大手のWCI Holding社は2019年に
ウティサック美容クリニックと化粧品事業を
活性化するため3億バーツを費やす予定です。

会長、Gwyn Sundhagul氏によると、同社は過去5年間で売上が
減少しており、2019年は積極的に事業拡大することを目指します。

2018年連結売上高は2億1800万バーツで、2013年の40億バーツ
から急減しました。
売上の大幅下落は主に経営陣の問題と非難されています。
2018年11月よりGwyn Sundhagul氏自身が経営陣に加わり、
顧客認知度の高いWuttisakブランドで再挑戦します。

同氏は小売、卸売、不動産開発および金融サービスなどで25年の
経験を持っています。
有名な美容クリニックプロバイダーとのパートナーシップや
確立されているブランドへの信頼を活用して同社の変革を
目指します。

2019年は3億バーツの支出計画のうち1億5000万バーツで
バンコク首都圏内に1,500~2,000平米のハイエンド整形外科
クリニックを開設し、Wonjin Plastic Surgery Clinicや
Banobagi Surgery Clinicなど韓国のパートナーと協力します。

また、第3四半期に高級医療用ヘアサロンを開設するために、
タイの有名な手術医との提携も交渉中です。

さらに200平米のスペースを持つ3つの医療サロンを
バンコク、チェンマイ、プーケットにオープンし、
それぞれに1500万バーツの投資を行います。
残りの予算はWuttisakの既存施設の改装と移転、
ブランド構築およびWuttisak beauty centresの立ち上げに
使用されます。

Wuttisak beauty centresでは自社ブランド製品だけでなく、
独占的権利を取得した他の製品も販売します。
2019年の販売製品ポートフォリオには栄養補助食品、
機能性食品などが追加されます。

WCI Holding社はWuttisakブランドで19の直営クリニックと
フランチャイズ44支店を展開しています。
直営店舗は2019年に25店まで増える予定です。
同社は2019年に4~5億バーツ、5年以内に40億バーツの売上を
見込んでいます。