タイ携帯通信3位のDTACはeスポーツ市場へ大きな投資を進める計画【タイ:通信・IT】

タイ国内の携帯電話通信企業は、およそ6億6700万USドル
(211億バーツ)とされる市場のシェア獲得を目指して、
eスポーツビジネスの拡大を目指します。

eスポーツゲーム市場アナリストNewzoo社による調査に
よると、2018年にタイは調査対象100カ国のうち19番目に
大きいゲーム市場規模であり、アセアンで2番目の市場を
持っているとされています。
世界のトップ3市場は中国、米国、日本でした。

タイの携帯電話通信キャリア3位のトータル・アクセス・
コミュニケーション(DTAC)は、2019年に初めて1億バーツを
同市場のマーケティング費用として投資し、タイ現地の
モバイルゲーム市場に参入すると発表しています。

同社は抱えている2100万人の顧客のうち、
約30%がゲームをプレイするユーザーであると
予測しています。

DTACではプリペイドプランのモバイルゲーマーが通常の
ユーザーと比べてデータに2倍の費用をかけていることを
分析・発見しました。
ゲーマーには24歳未満の層と、25~39歳の層、
2つのグループがあります。
タイ国内のゲーマーの半分はバンコクとその近郊に
住んでいます。

同市場を利用するため、DTACは大手オンラインゲーム・
ソーシャルプラットフォームのGarena(Thailand)社と共同で、
eスポーツ競技会Free Fire Thailand Championship 2019を
開催します。

Free Fireはタイ国内で2000万人のユーザーを誇る
人気ゲームのひとつです。
同ゲームはGarenaが独自開発したゲームで、
世界に3億5000万人の登録プレーヤーがいます。

タイ携帯電話通信2位のトゥルー・ムーブは、
RoV-Proleague Season 1(eスポーツ)と、
ゲーマー向けのデータパッケージである
True Super Fibreプランや、4G +e-sports SIMを
発売しました。

タイ携帯電話通信1位のアドバンスド・インフォサービス
(ADVANC)でもeスポーツ業界を上流から下流へと推し進める
施策を進めるとしています。

2018年、タイでのeスポーツ事業は220億バーツと
評価されました。
各プラットフォームには約2750万のゲーマーがいます。