1. HOME
  2. ブログ
  3. マレーシア
  4. マレーシアの海運大手MISCでは、2019年の市場は鈍化を予測【マレーシア:海運】

ASEAN最新動向

Latest trends in ASEAN

マレーシア

マレーシアの海運大手MISCでは、2019年の市場は鈍化を予測【マレーシア:海運】

マレーシア証券取引所(BRUSA)上場の海運大手MISC(MISC:3816)
では、海運チャーター率が引き続き抑制されているため、
2019年予想として大型タンカー市場は困難な年と見ています。

MISCの社長兼グループ最高経営責任者Yee Yang Chien氏は、
特に大型原油船(VLCC)のプレーヤーにとって市場がやや弱いと
述べ、チャーター率を引き上げるには石油生産レベルを上げる
必要があると分析しています。

石油タンカーは大まかに2分類(原油タンカーとプロダクトタンカー)
に分けられます。
原油タンカーは大量の原油を油田から製油所まで輸送する
大型のもの、プロダクトタンカーは一般的に小さく石油化学
製品を製油所から消費市場の近くまで輸送する目的で
設計されています。

MISC社では海上石油需要の伸びは減速予想をしています。
背景として石油輸出国機構(OPEC)主導の原油生産削減と、
地政学的な不透明感がエネルギー需要を曇らせ続けると
分析しています。

ただし長期的に見れば、大西洋地域からアジアへの
輸出増加に起因するエネルギー物流市場の増加は
チャーター率の堅調な見通しを示唆していると
しています。

液化天然ガス(LNG)セグメントはアジアでの需要の伸びに
支えられ、また、新たな液化プロジェクトの追加供給と
2018年から2019年にかけて見られた市場の力強さから
引き続き恩恵を受けると予想しています。

MISC社はペトロナス社の海運物流子会社であり、
エネルギー輸送および海事サービスの提供を行っています。
原油輸送、LNG(液化天然ガス)輸送、オフショア、重工業
などの分野で事業を展開しています。
2018年業績は売上87億8000万リンギ、
純利益13億1200万リンギでした。

原油セグメントは石油タンカーおよびケミカルタンカー
サービスを提供、LNGセグメントは海上輸送・
陸上輸送サービスを提供しています。
オフショアセグメントではオフショアターミナル、
フローティングターミナル、プロダクションターミナル、
オフロードターミナルの所有、リース、運営、
メンテナンスを行います。
重工業セグメントには船舶修理、船舶改造および
エンジニアリング、建設工事が含まれています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事