1. HOME
  2. ブログ
  3. タイ
  4. サーミット・オートパーツグループ(タイの非上場大手企業と財閥)【タイ:自動車部品大手】

ASEAN最新動向

Latest trends in ASEAN

サーミット・オートパーツグループ(タイの非上場大手企業と財閥)【タイ:自動車部品大手】

タイの自動車部品メーカー大手タイ・サーミット・グループ社
(未上場)は1977年にバンコク都内で四輪・二輪車向けシートや
家具シートの修理・生産を始めました。

創業者サンサーン・ジュランクン社長は
これまでにサーミット・オートボディ(SAB)、
サーミット・オートシート(SAS)などグループ会社
30余社からなるサーミット・オートインダストリーズグループ
を一代で築き上げました。

製造売上比率は自動車関連65%、バイク関連30%、
家電関連5%です。
全従業員数は25,000人を誇る大手企業です。
売上規模はグループ全体でおよそ700億バーツ
(2,520億円規模)です。

タイ・サーミット・グループは自動車部品製造のほか、
ホテル、ゴルフ場の開発・運営にも進出しています。

グループオーナーのジュンルンルアンキット家は
米経済誌Forbesのランキングにも度々登場します。
サーミット・オート・グループとは兄弟関係の企業です。
サーミット・オート・グループは弟のパタナ・
ジュンロングランキット氏が発展させました。

(主なグループ企業)
タイ・サーミット・オートパーツ・インダストリー
(TSA)
2017年度業績 売上35億バーツ(105億円規模)
純利益22億バーツ(66億円規模)

サミット・オートシート・インダストリー(SAS)
2017年度業績 売上85億バーツ(255億円規模)
純利益6億バーツ(18億円規模)

サミット・オートボディ・インダストリー(SAB)
2017年度業績 売上55億バーツ(165億円規模)
純利益1.9億バーツ(6億円規模)

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事