1. HOME
  2. ブログ
  3. インドネシア
  4. 石炭開発アダロ・エナジーは再生可能エネルギー発電を試験的実施【インドネシア:エネルギー】

ASEAN最新動向

Latest trends in ASEAN

インドネシア

石炭開発アダロ・エナジーは再生可能エネルギー発電を試験的実施【インドネシア:エネルギー】

インドネシアで二番目に大きい石炭生産企業である
アダロ・エナジー(ADRO)は、子会社のPT Adaro Powerを
通じてインドネシア中部スラウェシ、北スラウェシの2つの
島を電化するために、6.5MWのバッテリー容量を持つ最初の
商業再生可能エネルギー発電所を完成させる予定です。

再生可能エネルギープロジェクトはフランスの電力会社
Électricitéde France(EDFグループ)との合弁事業です。

フランスEDFグループとの合弁事業は、
24時間の電力供給を提供するバイオマス、太陽光発電、
および蓄電池を組み合わせたハイブリッドオフグリッド
プロジェクトであるとしています。

本プロジェクトはまだ、運用面で持続可能かどうかを
判断するための実現可能性調査段階にあります。
事前調査研究プログラムが今後2~3か月以内に終了すると
予想しており、2020年発電施設の設置をできることを
計画しています。

再生可能エネルギー発電所が稼働するようになれば、
電気料金はディーゼル発電機を通して供給される
既存料金よりも手頃な価格になる見通しです。

アダロ・エナジー(ADRO)はインドネシア国内2位の石炭採掘
企業です。
2008年7月にインドネシア証券取引所(IDX)へ上場、
IPOで13億2千万ドル調達しました。
子会社を通じて石炭の採掘、取引、石炭関連
(輸送サービス、インフラ整備)事業を行っています。
子会社は以下の3社です。
アラム・トリ・アバディ 
サプタインドラ・セジャティ 
マクムール・セジャテラ・ウィセサ

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事