1. HOME
  2. ブログ
  3. タイ
  4. RSではTV番組事業がタイ政府支援策により恩恵を得る【タイ:音楽・芸能】

ASEAN最新動向

Latest trends in ASEAN

タイ

RSではTV番組事業がタイ政府支援策により恩恵を得る【タイ:音楽・芸能】

タイの音楽・芸能・EC大手のRS(RS)社は2019年
第1四半期業績を発表しています。
売上9億2900万バーツ、純利益1億1000万バーツで
前年同期比8%増と好調でした。

業績成長は優れた資本管理と、マルチプラットフォーム
コマース事業の成長、ならびにテレビ局「Channel 8」に
適用されたデジタルTVチャンネルへの補助金政策によって
財政的に余裕が生まれました。

2019年、タイ政府は新規参入した地デジ放送局の
財務負担を減らす目的でタイ国家放送通信委員会(NBTC)が
タイ・デジタルTV事業者協会に地デジ局の免許料支払いを
3年間猶予する政策を導入することを発表していました。

RS社は2019年も着実に成長を続けており、
景気低迷にもかかわらず、メディア業界で高い成長と
利益を上げています。
2019年第1四半期において、メディア・Eコマース部門は
デジタルテレビ局Thairath TVを通じて販売チャネルを
拡大し、収益を伸ばしています。

同社はまた、他のデジタルチャネルでの販売も改善しながら
より多様な製品を追加し、年間を通じて100以上の
在庫管理ユニットを複数チャネルで利用できるようにする
計画です。

RS傘下のChannel 8は2019年5月にスケジュールを調整し、
第2四半期からより多くの広告収入を見込んでいます。

RS(RS)社はRS社の歴史は1976年にジュークボックス事業、
カセットテープ録音をRose Soundブランドで開始したのが
始まりです。
資本金は50万バーツでした。

1982年にRS Sound社を設立し若者にターゲットを絞りました。
音楽事業は順調に成長し、1992年にはRS Promotionと社名変更、
映画、ラジオ番組、TV番組などへ進出し、2003年にRS社として
タイ証券取引所(SET)へ上場しました。

2014年のデジタル放送開始を受けて、
政府のオークション権利入札を獲得しChannel 8の放送を
開始しました。
2015年にはヘルスケア、化粧品販売のLife Star社を
立ち上げました。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事