1. HOME
  2. ブログ
  3. タイ
  4. タイ国内の美容クリニック市場【タイ:美容医療】

ASEAN最新動向

Latest trends in ASEAN

タイ

タイ国内の美容クリニック市場【タイ:美容医療】

タイ国内の美容クリニック市場については公式な
統計データが発表されていませんが、タイ人女性の
美容意識の高まり、ダイエット・健康意識の高まりから
タイ富裕層・中間層を中心として大きく伸びている
市場です。

※ここで述べる美容クリニックとは、医療機関としての
ライセンスを持ち、入院設備、病床を持たないものです。
タイ国内の美容整形で外科手術を伴う場合、
入院設備が整った病院でしか行うことができません。

タイの美容整形クリニックは、大型商業施設に出店し、
店舗拡大しているケースが多いのが特徴です。

また各美容クリニックでは、独自開発・自社開発した
化粧品やサプリメント、機能性食品も手掛けるようになり、
事業の多角化と収益モデルの複数化を進めています。

タイの美容クリニックは一般的に個人自営業者が
開業医形式で展開しているケースが多いという特徴も
あります。

タイ国内はフランチャイズの仕組みそのものが理解・
普及されていない現状があることと、経営が出来る
レベルの人材が少ないことが背景にあります。

また、消費者保護の観点もまだ大きなテーマに
なっていないため、美容整形ミスや消費者のクレームが
大きく報道されないまま終わるケースもあります。

タイ国内の美容整形市場は近年急速に市場が
伸びていることもあり、業界の規模は正式に
発表されていないものの200億~250億バーツと
推定されています。

タイの美容クリニック大手には、Nitipon Clinic、
Romrawin Clinic、Wuttisak Clinic、Meko Clinic、
Pan Clinic、Marie France body line、
Slim up center、Skin doctor、
Sparsha Slimming Center、Pongsak Clinic、
Tanaporn Clinic、APEXなどがあります。

最大手は「ニティポン・クリニック」です。
1991年から経営されている美容クリニック老舗で、
2017年時点で135店舗をタイ全土で展開しています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事