1. HOME
  2. ブログ
  3. タイ
  4. タイ国内スターバックスとカフェ・アマゾンの売上に関して【タイ:カフェチェーン市場】

ASEAN最新動向

Latest trends in ASEAN

タイ

タイ国内スターバックスとカフェ・アマゾンの売上に関して【タイ:カフェチェーン市場】

タイの市場規模を算出しているポジショニング・タイランド
では、スターバックス・コーヒー・タイランド(Thailand)と
カフェ・アマゾンのそれぞれ4カ年売上を発表しています。

・過去4年間のスターバックス・タイ財務状況パフォーマンス
2014年売上高 39億8500万バーツ(19%増) 純利益4億1900万バーツ
2015年売上高 49億9800万バーツ(25%増) 純利益7億1500万バーツ
2016年売上高 60億5100万バーツ(21%増) 純利益8億1800万バーツ
2017年売上高 70億600万バーツ (15%増) 純利益8億8500万バーツ

スターバックス・タイの売上は過去4年間で平均20%の成長率を
持っています。
2018年の売上規模は84億バーツに増加すると見込みです。

・過去4年間のカフェ・アマゾン財務状況パフォーマンス
2014年総売上 35億バーツ
2015年総売上 54億バーツ(54%増)
2016年総売上 80億バーツ(48%増)
2017年総売上 102億5600万バーツ(28%増)
2018年の総売上は128億2000万バーツ(25%増)を
目指しています。

タイ国営石油PTTは2002年から15年以上を掛けて
Café Amazonをタイ国内最高レベルのカフェ事業に成長させ、
年間60億~70億バーツの売上を出すまでになりました。

一方、バンチャーク石油(BCP)が展開するインタニン・
コーヒーも価格帯をやや抑えて展開し、14年以上の歴史を
持つまでになりました。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事