1. HOME
  2. ブログ
  3. タイ
  4. カオサン通りで道路インフラの大規模整備計画【タイ:インフラ】

ASEAN最新動向

Latest trends in ASEAN

カオサン通りで道路インフラの大規模整備計画【タイ:インフラ】

世界中の観光客に知られているカオサン通りは、
今後大規模な改修が行われ、ウォーキングストリートとして
生まれ変わる計画が検討されています。

バンコク都庁(BMA)は、バックパッカーの集まる国際的
ウォーキングストリートとして整備するため、
4880万バーツを費やして400mにわたり道路を大幅に改装します。
同事業は2019年10月から開始し2020年2月に完了する予定です。

カオサン通りはバンコク観光地域の中心で魅力的な場所として
知られていますが、道路インフラが歩行者向けに
設計されていません。
そのため周辺住民や宿泊者にとって道路スペースを
占拠する屋台や夜店に対する苦情も出ていました。

道路インフラの改修・改築は、歩行しやすくするために
舗装を再調整し、屋台・夜店のベンダーに多くの
スペースを割り当てこれらの問題を解決するように
設計される計画です。

カオサン・ビジネス・アソシエーションによると、
改修後は露天商と地域住民、土地オーナーにとって
使いやすい環境になり、長い間持続してきた議論が
軽減されることを期待しています。

カオサン通りはハイシーズンで1日あたり40,000~
50,000人の観光客が訪れ、ローシーズンは1日20,000人
まで減少します。

2019年第2四半期の観光業市場は低調な結果に終わり、
カオサン通りでホテル・宿泊ビジネスを展開する
Buddy Group(200室)のホテル占有率は2018年の80%から
60%に低下しました。
1室あたりの価格は、2019年の初めは2,000バーツ程でしたが、
1,500~1,600バーツに下がったとしています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事