タイ 洪水被災者への対応

タイ政府のインラック政権では今回の洪水の影響を受けて一時的に大型機械の
輸入関税の一時的免除を決定しています。
Completely built-up(CBU)完全組み立て自動車、自動車部品に関しても
認めていく方針で実施時期は2012年の6月までになるとしています。

また、タイ工業団地公社(IEAT)は、IEATが管理する工業団地に入居し、
かつ洪水被害に見舞われている企業を対象に、仮設工場として使える土地を
用意すると発表しています。

同じく銀行サイドでもバンコク銀行(BBL)では、タイ大洪水被害の復旧作業を
迅速にするために、緊急に派遣される日系企業部取引先企業及びスタッフに対して、
預金口座開設する場合に必要な労働許可証の提示を免除するとしています。

対応支店はシーロム本店、スリウォン、バンカピ、エンポリアム、スクンビット43、トンロー、バンナ、ロジャナ、シラチャーの各支店で取扱いを始めていくとしています。