インドネシア アネカ・タンバン(ANTM)

インドネシア鉱山大手、アネカ・タンバン(ANTM)ではニッケルを含む
鉱石精錬工場を拡大すると発表しています。
およそ16億ドルを投資してインドネシア東部でフェロニッケル精錬工場を
建設します。
2014年末で年産2.7万トンを目指します。
フェロニッケルの材料で自動車、食器などの材料に利用されます。

アネカ・タンバン社はインドネシアの国営企業でANTMアネカ・タンバン非鉄金属の
採掘と精錬を進める企業です。
インドネシア国営鉱山、採掘、開発、取引、輸送など多岐にわたり、インドネシア
のトップ企業指数LQ45にもリストになっています。

インドネシア政府65%が株主で、2010年度は売上8兆7110億ルピア(871億円規模)
純利益 6040億ルピア(60億円規模)となっています。