タイ インドラマ・ベンチャー(IVL)

インドラマ・ベンチャーは2009年、2010年と続けて世界の同業大手買収を
続けています。

2010年11月 米国のポリマー・繊維大手インビスタから米サウスカロライナ州
       スパータンバーグとメキシコ中部ケレタロ州の工場を4.2億ドルで
       買収すると発表

2010年11月 中国の同業「Guangdong Shinda UHMWPE」から広東省開平市の
工場を買収すると発表

2010年12月 韓国のSKケミカルズからインドネシアおよびポーランドの事業を
      買収することで合意したことを発表

2011年 2月 経営再建中の独同業トレビラを買収すると発表

このような買収の連続はリスクをとった戦略とされていて、世界大手ポリエステル
メーカーへ成長させています。
本社機能はバンコクへ置いており、3大陸で14工場、5カ国で展開しています。
3,600名の従業員で2010年度の第3四半期まで売上は741億6700万バーツ
(22億USドル)で65億5900万バーツとなっています。
2008年度は27億USドルまで伸びています。
2009年度は売上高は23億ドルでしたが、2010年度は大きく伸びる見通しです。

2014年までに石油化学製品を年産規模1000万トンまで拡大する事業計画を
出していて、世界にある同業他社の買収を進めています。