タイ Gスチール(GSTEEL)

世界最大の鉄鋼メーカー、アルセロールミタル(ISPA)は、タイの鉄鋼2位
Gスチール(GSTEEL)社の株式40%を2.5億USドルで取得する見通しであると
発表しています。
その後さらに5億ドルで経営権の取得も検討しています。

ルクセンブルグに本社機能を持つ、アルセロールミタルはアジアでの事業拡大を
図るために東南アジア事業へ進出。
まずはタイでの事業買収をスタートするとしています。
1229億株の新規株発行をおこない、全てアルセロール側が購入するとしています。

GSTEELは子会社にGJ Steel 社(GJS)を持ち、両社合計の年産量は330万トンに
なります。
しかしながら資金不足もあり、稼動量は40%になっていました。
今回の買収劇でアルセロールが筆頭株主で2位にLeeswadtrakul 財閥が2位の株主へ
変更されます。

GSTEELの3月2日のSETの取引は中断され、両社の株価は
GSTEEL0.68バーツ→0.73バーツと+7.23%の上昇。
GJSでは0.26バーツと変わらずとなっています。

また決算の発表では2009年度でGSTEEL は
売上270億6200万バーツ
純利益では マイナス103億1400万バーツの大赤字。

GJSは2009年度で売上142億7600万バーツで、純利益では-64億800万バーツでした。