タイのコーラ新ブランド”RC Cola”が販売開始

Sakol Beverage Co社では新規コーラブランドRC Colaを
販売開始しています。
同社では第3番目のコーラ市場での地位を目指すとしています。
同ブランドはアメリカでのコーラブランドでタイ国内での
コーラ市場に食い込めると判断しています。

2015年度は経済低迷の流れが続くものの、炭酸飲料での市場は
+7~9%で拡大すると予測されていて、RC Colaの拡大を目指します。
同社ではミドル層をターゲットとして宣伝・マーケティングを行います。

アメリカでブランド権を保有するRC Cola Internationalは同社へ
向けてタイの市場可能性を期待していて、ASEAN域内ではフィリピンに
次ぐ有望な国であるとしています。
まずは18歳~25歳の市場へ進み、その後25歳~35歳の市場への
アプローチを図ります。

タイではコカコーラ、ペプシコーラ、エス(est)コーラなどが
参入していて、その他BIG COLAも参入しています。
ペルーのアジェグループのコーラブランドです。
Big Colaもわずかながらタイのコーラ飲料のシェアを保有しています。

タイにおける炭酸飲料系上場会社としては
サームスック(SSC)で2014年度の業績は売上で119億5900万バーツ、
純利益では2億8800万バーツでした。

ハードティップ(HTC)で2014年度の業績は売上で52億6500万バーツ。
純利益では1億1500万バーツでした。

ナームティップ社は未上場となっています。