タイ サイアム商業銀行(SCB)

タイの銀行大手サイアム商業銀行(SCB)では傘下にあるサイアムコマーシャル
NY生命保険(SCNYL)の全株取得を目指すと発表しました。
総額で84億バーツとしています。
完全な銀行傘下とすることで銀行を巻き込んだオールラウンドな金融サービスを
展開する戦略の一環としています。

頭取のKannikar Chalitaporn女史はタイ証券取引所(SET)へ報告済みで
アメリカのNew York Life社と関連する企業のPMCC(Thailand)Ltd社から
3146万株47.3%を取得するとしています。

購入後はSCNYL社の6295万株はサイアム商業銀行になり、94.6%をSCB持ち株と
する企業になります。
そもそもSCNYL 社は2000年から、サイアム商業銀行(47.33%)とアメリカ系生保の
New York Life社のタイ資本New York Life International Inc (23.89%) と
PMCC (23.44%)で運営されてきました。

SCNYLの株価は近年の生命保険ニーズの拡大で、大きく伸びました。
業績も同じく好調で
2007年    7億9800万バーツ
2008年   12億バーツ
2009年   15億8000万バーツとなっています。

今回の動きはカシコーン銀行(KBANK)の生保完全買収の動きと同じとしていて、
2009年度カシコーン銀行(KBANK)ではMuangthai Fortis Holding社の
1919万株の取得を完了しています。
Muangthai Fortis Holding社は傘下にMuang Thai Life Assurance社を
保有します。