1. HOME
  2. ブログ
  3. タイ
  4. タイ BTSホールディングス(BTS)

ASEAN最新動向

Latest trends in ASEAN

タイ

タイ BTSホールディングス(BTS)

元社名タナヨン(TYONG)の高架電車・不動産経営のBTSホールディングス(BTS)
では2010年の第4四半期の乗客数が3970万人であったと報告しています。
平日の平均は48万人であるとしています。
オンヌット~モーチットラインでは今後延伸してオンヌット~ベーリンまで
伸びます(2011年8月予定)。 
これにより、1日あたりの乗客数は5万人増えると見込んでいます。
2011年度で+6億3000万バーツ増収可能であるとしています。

またナショナルスタジアム~ウォンイアンヤイ間も延伸予定があり、こちらは
ウオンイアンヤイ~バンワーまで伸びます(2012年12月末予定)。
現在このシーロムラインは中国製車両が走っています。
ただし、今後も路線の増加と、運行回数は増加する計画で、シーメンス社より
35車両を購入することも発表しました。

2011年2月末にはパープルライン(バンスー~バンヤイ)の運営事業権を選定する
入札がおこなわれます。
この入札にはBTSホールディングス(BTS)以外にもバンコクメトロ(BMCL)も入札へ
参加して運営権を獲得したい意向を示しています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事