インドネシア 石炭&国営企業

インドネシアのブミリソーシズ(BUMI)では2011年8月にもIPOを予定していた
上場プランを差し戻します。
非石炭採掘事業の子会社を10億USドル調達予定でしたが5億ドルまで下げます。

主幹事であるクレディスイス証券、JPモルガン証券、そして地場の
PT ダナモンマクムール証券ではインドネシアとアフリカで展開する金、銅、
亜鉛採掘大手であるPT Bumi Resources Mineral(BRMI)社、
ブミミネラルではPT Newmont Nusa Tenggara社株式24%を保有しています。
こちらはアメリカの採掘企業Newmont Mining Corpの子会社です。

ブミリソーシズは時価総額48億USドルのバクリーグループ企業です。
複合企業のバクリー財閥 Aburizal Bakrie会長が牽引します。

2010年には中国の中国投資公司China Investment Corp(CIC)が19億USドルを
融資しています。
現在石炭系企業のPERに関しては ブミリソーシーズが最も高く、24.3倍と
なっています。
続いてアダロ・エナジーで16.5倍となっていて、タンバン・バツバウ・
ブキットアサム社が14.5倍となっています。