中国のIPO企業数

2010年の中国のIPO企業数は479社と言う巨大な数字でした。
香港証券取引所、深圳証券取引所、上海証券取引所3市場の資金調達額はすでに、
世界の45%を占めています。

日本の東京証券取引所、大阪証券取引所では22社で、このIPOの数字はマレーシア
証券取引所(BRUSA)やシンガポール証券取引所(SGX)よりも少ない数字です。
今や資金調達が目的なら日本でIPOするより新興国の方がメリットが大きく
なっています。
世界の取引所は合併や買収競争にさらされ競争が激化しています。