タイプラスチックケミカル(TPC) ビニタイ(VNT)

タイの塩化ビニル大手は タイプラスチックケミカル(TPC)とビニタイ(VNT)です。
TPCでは2010年度売上300億9900万バーツで純利益では18億6500万バーツと
増収減益でした(純利益では微減)。

VNTでは2010年度売上 130億1900万バーツで純利益では15億800万バーツの
増収増益でした。

これらの企業が生産する上下水道管や雑貨に使う合成樹脂の塩化ビニール樹脂価格
がアジア地域で高騰しています。
スポット価格は1カ月前に比べ+11%上昇し、2008年9月のリーマン・ショック前
の水準に到達しました。
日本の東日本大震災で信越化学工業やカネカなどの生産設備が停止し、他の地域の
大型設備の定期修理も重なる影響で日本の国内生産能力が半分に落ちています。
他のアジア中国や東南アジアでは需要拡大が続いているために価格が上昇しています。

TPCは2月1日で24.50バーツだったのが3月28日29.50バーツまで上昇しています。
VNTは2月1日11.80バーツが 3月28日15.00バーツまで上昇しました。